交通事故で夫と子供2人をなくしたクリスティーナ(ナオミ・ワッツ)。
その死んだ夫の心臓を移植した大学教授のポール(ショーン・ペン)。
クリスティーナの夫と子供をひき殺したジャック(ベニチオ・デル・トロ)。
心臓の移植手術を終え、健康になったポールは
探偵を雇い自分の心臓の提供者を探し出す。
そしてクリスティーナに惹かれていくポール。。。

映画生活 21グラム / 21Grams | 映画情報のぴあ映画生活
総合評価
この作品は1人がオススメしています。
平均オススメ度 : 1 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 5

【この作品へのあなたのオススメ度は?】
是非あなたのご意見を投票してください。
オススメしません。見たらがっかりかも。まぁオススメ。可もなく不可もなく。普通にオススメ。普通に楽しめます。結構オススメ。好きな人にはツボ。超オススメ。是非鑑賞を!  
ジャンル
テーマ
(この下ネタバレ注意!)

最初は何だかあっちこっち話がとんでなんじゃこりゃ?
とか思ったが、1時間位したところでようやく状況を把握。
でもってそのうちにラストシーンみたいな。

21グラムってのは人の魂の重さなんでしょうか??
あたしは最初パッケージを見ないで借りたので予備知識ゼロ。
ってことでそのまんまドラッグ関連の映画だと思ってましたが違いました。

ナオミ・ワッツの乳首色きれいだけどでかいなぁと思いつつ鑑賞。
しかもあとから訳のわからん理由でショーンを問い詰めたりと
ちょっと気ちがいっぷりも披露。

ベニチオはちょっと汚いけど、まぁいいかってところ。
この映画のキーワードは「人生は進んでいく」。

ことあるごとに出演してる人達が口にします。
暇なら数えて何回でたか教えてください。
人生を考えている人におすすめの1本