1950年代フランス。
クリスマスを祝うために訪れた家族達が大雪のため邸宅に閉じ込められる。
そこでその家の主人が殺され残った8人の女たちはお互いを疑い始める。

映画生活 8人の女たち / 8 Femmes | 映画情報のぴあ映画生活
総合評価
この作品は1人がオススメしています。
平均オススメ度 : 1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5

【この作品へのあなたのオススメ度は?】
是非あなたのご意見を投票してください。
オススメしません。見たらがっかりかも。まぁオススメ。可もなく不可もなく。普通にオススメ。普通に楽しめます。結構オススメ。好きな人にはツボ。超オススメ。是非鑑賞を!  
ジャンル
テーマ
(この下ネタバレ注意!)

題名どおり8人の女たちが出てきます。
それにプラス1人の男なんですが、
その男が殺されるっていうところから始まります。

しかもクリスマスのお祝いで集った全員が吹雪でその家に閉じ込められる、
推理小説のような展開。

出てくるのは殺された男(家の主人)とその妻・娘2人・妻の妹・妻の母・メイド×2・主人の妹。

とりあえず、推理っぽいのにミュージカルが足ささったような感じの映画。
各々必ず1回は歌って踊って

フランス映画の割にテンポもよくて楽しめました。
すべての女が怪しいので、どの女が犯人か考えてるうちに
最後は「え??ああ、そうなのかぁ」な結末。

カトリーヌ・ドヌーヴは歳をとってもめちゃきれいだわぁ
さくっとミステリーが見たいときにおすすめの1本