父親のヒット曲の印税のおかげで仕事せずに暮らす独身貴族のウィル(ヒュー・グラント)。
シングル・マザーをナンパしようとシングル・ペアレントの会へ行き、
学校でいじめられている12歳のマーカス(ニコラス・ホルト)と知り合う。
好きになったシングル・マザーのレイチェル(レイチェル・ワイズ)に近づくためマーカスを息子に仕立て上げるが。。。

映画生活 アバウト・ア・ボーイ / About A Boy | 映画情報のぴあ映画生活
総合評価
【この作品へのあなたのオススメ度は?】
是非投票してください。
オススメしません。見たらがっかりかも。まぁオススメ。可もなく不可もなく。普通にオススメ。普通に楽しめます。結構オススメ。好きな人にはツボ。超オススメ。是非鑑賞を!
ジャンル
テーマ
(この下ネタバレ注意!)

父親の作ったクリスマスソングの印税で仕事もせずに悠々と暮らしていた独身貴族が
ふとしたきっかけで知り合った12歳の少年との交流を描いたお話。

おいおい、ヒュー・グラントがギター持って歌ってるよ。。。。
あたしはこれで歌ってる「killing me softly with his song」が大好き。
特に好きなのがFugeesのアレンジバージョン!(Fugees/Greatest Hits)に入ってるので是非聞いてみて下さい!

レイチェル・ワイズも相変わらず美人だし、
ニコラスも最初はこのガキはひねくれてるなぁなんて思ってみてたけど
見るうちにかわいくなってくる。
大人気ない大人ががっつりはまっちゃってるヒューが輝く映画。

男性版「ブリジット・ジョーンズの日記」とうたっているので、独身男の生態を知る参考におすすめの1本