19世紀後半キューバ。
愛を知らない大富豪ルイス(アントニオ・バンデラス)と新聞広告を見てアメリカから嫁いできたジュリア(アンジェリーナ・ジョリー)。
しかしジュリアの姉が訪ねてきて「あのジュリアは妹ではない」と言われる。
そしてジュリアは行方をくらまし。。。

映画生活 ポワゾン / Original Sin | 映画情報のぴあ映画生活
総合評価
この作品は2人がオススメしています。
平均オススメ度 : 2 票, 平均: 4.50 / 52 票, 平均: 4.50 / 52 票, 平均: 4.50 / 52 票, 平均: 4.50 / 52 票, 平均: 4.50 / 5

【この作品へのあなたのオススメ度は?】
是非あなたのご意見を投票してください。
オススメしません。見たらがっかりかも。まぁオススメ。可もなく不可もなく。普通にオススメ。普通に楽しめます。結構オススメ。好きな人にはツボ。超オススメ。是非鑑賞を!  
ジャンル
テーマ

ポワゾン / Original Sin 出演者一覧

役名役者名
ルイス・バーガス アントニオ・バンデラス
ジュリア・ラッセル/ボニー・カッスル アンジェリーナ・ジョリー
(この下ネタバレ注意!)

前にも見たんだが(今回で3度目)あまりにも前の感想がへぼいので
もう一度書き直すことにした。
あたしの大好きなアンジー&バンデラスの濃い2人の
濃い濃いラブストーリー(しかもR指定)

まず、登場シーンですでにルイス(バンデラス)がジュリア(アンジー)にのめり込みそうな気配が濃厚。
そのままその日の夜に結婚しちゃって、初夜だってのに
「僕、君がいいって言うまで待つよ」とルイス。
後日2人の気持ちも盛り上がりめくるめくセックス
(ぼかしが入ってるのでここいらがR指定)。
まさに肉弾戦のようなフェロモンのぶつかり合い。
なんかあんまりそそられねぇなぁとさくっと先に進む。

ルイスはそっからジュリアにぞっこんで
他の男とこそこそ隠れて親しげに話してようが、
紅茶を飲まなかろうが、
周囲がなんと言おうが、
わざわざ連れてきた小鳥の首を折っちゃおうが関係なし。

怪しいとこがあったとしてもアンジーにしてもらってすぐなかったことにしちゃう。
そのうえ「僕、貯金とかも全部君と分け合えるようにするね!」
と口座も好きなようにつかえるように共同名義にしちゃう。
もう、この時点でばっかじゃねぇかと。
怪しさ全開なんですが?
まさに恋は盲目

ダウンズ(トーマス)と一緒にわずかな手がかりからハバナへ行き、
他の男を騙しているジュリアを発見!
でも殺す気はさらさらなくて「僕、君がいないと生きられないよ。」
と泣き言をならべたうえベッドへもつれ込む。
翌朝ジュリア(仮名、本名ボニー)が前夜騙していた大佐に
ち☆こ丸出しで「うちのワイフに何か?」と威圧し圧勝。

そのまま見つけたら通報するというダウンズからも逃げるが、
逃げた先でまたも再会。
あまりにしつこく追ってくるのでダウンズを殺しちゃうルイス。
「殺っちゃった。」と動揺しているところにジュリア(仮名)が現れ、
列車の切符買ってこいとルイスをぱしらせる
そしたらダウンズが生き返り、ジュリアとグルだったことが判明。
逃げようとするジュリアに
「お前は死ぬまで娼婦。アソコを触られるとすぐ濡れるくせに。最初の男も最後の男も俺様。だから言うことを聞け」(大体こんな感じ)
とダウンズ(仮名、サド)に股間をいじりまわされながら脅される。
トーマス・ジェーン好きの管理人「うっひょー」と思いつつ物語は進行。

そしてジュリア(仮名)がまたも自分を騙していたことを知ったルイスは
「愛しているから」と自らねずみ駆除の薬剤が入ったコーヒーを飲む。
そこで改心したジュリアは死にかけのルイスに肩を貸して2人で逃亡。
ダウンズ(仮名)を殺し、ルイスを助けようとするがアンジーは捕まり死刑に。。。
なるはずだったが、人のよい修道士騙してまんまと逃げてルイスの元へ行きイカサマ生活へ。

ってこれはハッピーエンドなんだろか??
コーヒー農園のしゃっちょさんがイカサマポーカーで食って行くのか??
まぁ、別にいっか。
内容はあんまり。。。
だけど、アンジー好きもしくわトーマス好きはちょっとそそられる(階段での脅されシーンのみだが)1本