劇作家のエリカ(ダイアン・キートン)は別荘で紹介された娘(アマンダ・ピート)の彼氏ハリー(ジャック・ニコルソン)
自分よりも10歳も年上なのにびっくりする。

ハリーが心臓発作で倒れてしまい付き添って行った病院で知り合った
ハリーの担当医師ジュリアン(キアヌ・リーブス)に誘われデートすることに。

しかしハリーの看病をしているうちにハリーに惹かれるエリカ。
気持ちが通じ合うが、どうしたらいいのかわからないハリーは若い女の元へ。。。

映画生活 恋愛適齢期 / Something’s Gotta Give | 映画情報のぴあ映画生活
総合評価
【この作品へのあなたのオススメ度は?】
是非投票してください。
オススメしません。見たらがっかりかも。まぁオススメ。可もなく不可もなく。普通にオススメ。普通に楽しめます。結構オススメ。好きな人にはツボ。超オススメ。是非鑑賞を!
ジャンル
テーマ
(この下ネタバレ注意!)

若い女好きの金持ちと若い男に好かれた劇作家の
年寄り熟年恋愛のお話。

予告を見て結構いいかなぁとか思ってたけど、やっぱよかった。
年寄り熟年の恋愛なんて。。。とか思ったけどすごくせつなくなった。

ダイアン・キートンの失恋シーン、
寝ても覚めても泣いているのがちょっとうざかったけど。

なんとなく、意識し始めてからの2人の微妙な緊張感みたいのが
とっても初々しい感じで
セックスのシーンはかなり笑えた

なんつーの?熟年恋愛ならではっつーか。
あたしも年食ってもあんな恋愛をしたいもんだと思える1本