大学教授のデビット(ケビン・スペイシー)は
同僚のコンスタンス(ローラ・リニー)をレイプして殺害した罪で死刑が確定する。
デビットは死刑廃止論者だった。

刑が執行される前、最後の3日間を使い手記を書いて欲しいと呼ばれたビッツィー(ケイト・ウィンスレット)は話を聞き、現場を見て不可解な点に気づくが。。。

映画生活 ライフ・オブ・デビッド・ゲイル / The Life of David Gale | 映画情報のぴあ映画生活
総合評価
【この作品へのあなたのオススメ度は?】
是非投票してください。
オススメしません。見たらがっかりかも。まぁオススメ。可もなく不可もなく。普通にオススメ。普通に楽しめます。結構オススメ。好きな人にはツボ。超オススメ。是非鑑賞を!
ジャンル
テーマ
(この下ネタバレ注意!)

死刑廃止論者が体を持って死刑は廃止にしたほうがいいと訴えてるってお話。
結末は全然予想もつきませんでしたわ。
「おお、そうきたか」みたいな。

同じ死刑囚のものともちょっと違うタイプだしねぇ。
デッドマン・ウォーキングだとかラスト・ダンスだとか。
この映画は結構面白かったのでお勧め。
とにかく死刑という罰則を最初から見直す。。。
というより、警察ももうちょっとちゃんと調べりゃあいんじゃねーの??な1本